プリズム

このまちの未来について、風間しげきが思うことを綴っていきます。皆様のお声もぜひ、お聞かせください。

BayPRESS 836号 /2017年12月09日発行

家庭の地震対策速やかに 高まる巨大地震発生確率

12月3日は、地域防災訓練の日。各地で自主防災による避難訓練などが行われた。

最も大切なことは発災直後、自分と家族の命を守ること。訓練の成果が発揮できるかはそれからだ。言い方は悪いが即死ならまだしも家具や柱に挟まれ、激痛に耐えながら長時間救助を待つのはつらい。

平成7年に起きた阪神・淡路大震災では、死者の8割以上が建物の倒壊、家具の転倒などによる圧死だった。救出されたのに数時間後に死亡するクラッシュ症候群も多数含まれる。各家庭での家具等の転倒防止、家屋の耐震対策が不可欠だと思う。特に昭和56年以前の旧耐震基準で建てられた木造住宅は大きな被害が予想される。

マグニチュード8~9といわれる南海トラフ巨大地震の発生確率は、10年以内に20%から30%と極めて高い。

静岡市では県と協力して、「プロジェクト TOUKAI(東海・倒壊)-0」を推進している。専門家による診断事業、木造住宅耐震補強事業、ブロック塀等耐震促進事業などメニューも豊富だ。状況に合わせて丁寧に相談に乗ってくれる。都市局建築部建築指導課安全推進係

BayPRESS 835号 /2017年11月25日発行

議会不信から不要論へ 改革に不断の努力を

「中学校の教科書にも書いてありますが地方議会は制度上、与党なんてないですよ」。姫路市で開かれた全国市議会議長会フォーラム。議会改革先進市、会津若松市議会の目黒章三郎議長は全国から集まった約二千人の市議を前にこう切り出した。自らを与党と称し市長の引き立て役になっている議員たちへの痛烈な皮肉だ。

「古いモノを見たければ博物館か議会へ行け」と言われないよう不断の努力を…。伊万里市議会の盛泰子前議長は「二度と定数削減を突き付けられない議会」を目標に改革に着手。緊張感の中で議員の資質が高まっているという。

いたるところで議会不要論さえ出ている。一方、「もし議会不信が表面化していないとしたら、『議会のドン』が自治体を牛耳っている証拠、むしろ最悪」。東大政治学研究科の金井利之教授はこう指摘した。

改革に前向きに取り組んでいる議会とそうでない議会、二極化は一層進む。「一般的に改革推進派は2割。中間が6割。反対派が2割。まずは積極的な2割で前に進め」と四日市市議会の豊田政典議長。

市民にとって本市の議会はどうだろうか。改革に向け不断の努力が必要だ。

BayPRESS 834号 /2017年11月11日発行

良心と覚悟、そして自信 澤田教一 戦場写真展

何が彼を動かしたのか…。IZU PHOTO MUSEUMで開催の「澤田教一 故郷と戦場」展に行った。

学生時代に澤田の残した一枚の写真に衝撃を受け、憧れた。UPI通信の報道カメラマン。1936年青森市生まれ、29歳で戦火の絶えないインドシナ半島に赴き、34歳の時、取材中にプノンペン近郊で銃殺された。

写真展のメインは1965年にベトナムの激戦地で撮影された「安全への逃避」。これこそ、私が衝撃を受けた一枚の写真だ。米軍の爆撃から逃れるため、幼い子供たちを抱え、必死の形相で川を渡る二組の親子。銃弾をかいくぐりながら撮影したこの写真が世界報道写真大賞、ピュリッツァー賞を受賞。彼を「世界のサワダ」に押し上げた。

さらに決定的な写真を撮るために、彼はより危険な戦場へ。その動機を、名誉欲や金銭欲、危険を乗り越えていく陶酔感と評する人もいた。

写真をじっくりと見ながら改めて考えた。彼を戦場に駆り立てたのは何か。それは、報道の「良心」と「覚悟」、プロカメラマンとしての「自信」であったに違いない。

文化の日、学生時代に戻ったような気分になった。

BayPRESS 832号 /2017年10月14日発行

誰に託すその一票 望ましい人間像は?

先日参加した勉強会で森信三氏が掲げた「望ましい人間像の」の五大条件を知った。

第一、自分一人で判断のでき る人
第二、人々と協調のできる人
第三、実践的な人
第四、常に国家社会と民族の運命について考える人
第五、さらに世界人類の将来について思念する人

森氏は京都帝国大学在学中、哲学者、西田幾多郎氏に学び、哲学者、教育者として戦後の教育界に影響を与えた。

衆議院議員選挙が公示された。意中の人はお決まりだろうか。きな臭さが増す世界情勢。国政に携わる候補者には、一、二、三は当然、常に国家社会と民族の運命について考え、さらに、世界人類の将来について思念、行動する人間を強く望みたい。

前回選挙(平成26年)の投票率は清水区で54.37%。実に半数近くが棄権した。果たして日本はそれだけ安全で、すべてに安心できる国なのか。

有権者が「選挙で政治は変わらない」という意識を変えない限り、子どもたちの将来は変わらない。
あなたは一票にどんな思いを託しますか。

BayPRESS 830 号 /2017年09月09日発行

地元にも有名な老舗メーカー 10月孫の日 ラン活もピーク?

「ラン活」という言葉、知っていました?「子供や孫にお気に入りのランドセルを贈りたい。」そんな思いのご両親、祖父母が早め早めにと予約、購入活動に入ることだそうです。
 
総務省の家計調査によると10年前、通学用カバンへの支出が最も多くなる時期が3月だったのに対し、数年前より夏頃から徐々に支出金額が増え、10月にピークを迎える傾向にあるとのこと。背景の一つが少子化。平均購入金額も年々上昇しているようです。

実は私も50と○年前、祖父母にランドセルを買ってもらいました。大切に使うべきランドセルに乗って滑り台を滑ったりと、相当罰当たりな使い方をしましたが、何とか6年間使うことができました。

こんな使い方は論外にしても、元気な子供たち、少々乱暴な使い方にも耐えうるものを選んであげたいですね。

10月15日の日曜日は孫の日(まごのひ)。通販を利用される方や、遠く県外のお店まで出向く方も多いようですが、アフターサービスが整っているかどうかは選択の重要なポイント。地元にも全国的に有名なランドセルの老舗メーカーがあります。ぜひ、足を運んでみてはいかがですか。

BayPRESS 829号 /2017年08月26日発行

最大限の備えで守った命 阿蘇医療センター視察

会派視察で阿蘇医療センターを訪ねた。前身は昭和25年設立の阿蘇中央病院。平成25年1月から本体工事が始まり、同26年8月開院。124床。鉄筋コンクリート造で外来棟は耐震、中央診療棟と病棟は免震構造。屋外には救急ヘリポートを有し総事業費は約49億円。

平成28年4月に熊本地震が発生した。この時、免震構造が威力を発揮した。建物を免振ゴムで地面から絶縁し振動を伝えない工法だ。他の耐震工法に比べ建設費用がかさむ。議会には反対の声もあったが、最大限の備えが患者の命を守った。

「免震構造を備え、また市内在住の常勤医師がすぐに駆けつけてきたことで、発災直後から救急車やヘリ搬送などで数多くの救急患者を受け入れることができた」と、胸を張る病院関係者。

また、救急ヘリポートについての質問には「屋上設置となると気象条件に大きく影響を受ける。患者の搬送も困難だろう」と話した。

田辺市長は桜ヶ丘病院の移転先を津波浸水想定地域にある市有地、清水庁舎とする方針を決めた。屋上ヘリポートや防潮堤等の周辺整備で災害に強い病院になると話す。具体的な説明を求めたい。

BayPRESS 828号 /2017年08月05日発行

意向把握後に方針決定を 意向把握後に方針決定を

桜ヶ丘病院の移転について「はなしの港」欄に葉書が届きました。「桜が丘公園に病院をとの声が聞かれますが、子どもたちが走り回れる公園を残してほしい」というものです。

同公園は近隣住民のみならず区民にとっても大切な財産。失いたくないとの思いは同じです。その一方、津波浸水想定域にある清水庁舎への病院移転は、明確な対策が示されていない以上、納得できるものではありません。

関係する土地について見てみましょう。まず、現桜ヶ丘病院の敷地面積が約8千5百㎡。桜が丘公園が約2万2千㎡(テニスコート含む)。そして、移転先とされていた大内新田の用地が約3万㎡です。

現病院の敷地面積は桜が丘公園の約39%。さらに病棟等の効率的配置、外来駐車場の立体化などで、病院と公園の共存、再整備は十分可能。また、病院側所有の土地、現桜ヶ丘病院や大内新田についても、公園やスポーツ専用グラウンドへの転用を含め、市が地域住民や病院側と事前協議すべきと考えます。

時間的余裕はあるはず。清水庁舎と公園、二つの候補地の具体的な条件を揃え、改めて近隣住民、区民の意向を把握、その上で移転先を決めるべきだと思います。