プリズム

このまちの未来について、風間しげきが思うことを綴っていきます。皆様のお声もぜひ、お聞かせください。

BayPRESS 847号 /2018年06月09日発行

幸福度ランキング13位 体系的な対策必要

「全47都道府県幸福度ランキング2018年版」が東洋経済新報社より刊行された。  政令指定都市別では全20政令市中、浜松が総合1位、静岡市は13位だった。

浜松市は財政健全度など自治体の基本的な力を示す基本指標で3位、健康診査受診率など健康分野で2位、家族や地域社会のつながりを表す生活分野で3位と高順位だった。

一方、静岡市は基本指標が14位、雇用環境など仕事分野が13位、国際会議外国人参加者数など文化分野が14位。生活分野では2位だったが、総合順位で及ばなかった。

同社オンライン編集部は「基本指標は、人口動態や所得、財政健全度など、都市の持続可能性や住民生活の根幹を支える重要な都市の土台。各都市が抱える課題等を的確に捉え、状況に即した総合的かつ体系的な対策を講じることが求められる」としている。

静岡市では大型の建設投資が立て続けに予定されている。市民の幸福度を高めるため、総合的かつ体系的な計画となっているのか。厳しい財政状況下、後世に中途半端な施設と借金だけが残ったと言われぬよう、議会審査のハードルは高くあるべきだと思う。

BayPRESS 846号 /2018年05月26日発行

次郎長の力 今なお衰えず 生家 文化財指定受け市へ

清水港の礎を築いた次郎長の生家が、国の有形文化財指定を受け静岡市に寄贈された。

老朽化が進み早急な改修が必要となっていた生家。「何とか後世に伝えたい」との思いを子孫で所有者の服部千恵子さんから聞き、6年前有志たちが「次郎長生家を活かすまちづくりの会」を立ち上げた。

「まずは雨漏りだけでも直したかった」と話すのは、同会の牧田充哉理事長。最初は顔見知りの個人や企業商店回りから始めた資金集めも、しばらくすると、「後藤磯吉・悦子福祉及び教育奨励金」の活用や、耐震住宅100%実行員会(東京都港区)、清水北ロータリークラブ、清水銀行、鈴与株式会社、フジ物産株式会社など大きな支援先に繋がっていった。

「人が人を呼んだ。奇跡的ともいえる展開だった」と牧田会長は振り返る。「腹を据えれば何でもできる。そんなことを、教えてくれた…」。

清水の次郎長は人を魅了する並外れた力があったのだろう。その力、今なお衰えず。2020年は次郎長生誕200年の年に当たる。清水の宝が一つ新しく生まれ変わった。生家をいかしたまちづくり、今後の活動に期待したい。

BayPRESS 845号 /2018年04月28日発行

清水区民に説明不要? 大規模投資に市民合意

田辺市長は5月12日から葵区と駿河区の11か所で区民との意見交換会を行う。「市の重点施策について分かりやすく説明をし、市民の皆さんと市長が一緒になって考える」のだという。清水区では昨年実施したからとの理由で開催の予定はない。果たしてそれで良いのだろうか。

昨年行われたタウンミーティングは、桜ヶ丘病院を清水庁舎の場所に誘致する件を含めた区の「国際海洋文化都市」構想についての説明で、市の重点施策全般についての意見交換会ではなかった。

重点施策の中には葵区で計画されている市民文化会館の建て替えや歴史文化施設の建設、清水区の海洋文化拠点施設、清水庁舎建設など数十億円から百億円超えともいわれる大規模投資が含まれる。

建設費と維持管理費は市民の税金から支払われることになる。高度成長期ならともかく、財政見通しでは毎年数十億円の財源不足が予想される中で、これらの投資には納税者である全市民の一定の理解と合意が求められるはずだ。

清水区民の合意は説明せずとも得られているというのか。その答えは来春の市長選に持ち越される形となりそうだ。

BayPRESS 841号 /2018年04月07日発行

新庁舎は2088年まで 清水の将来 決める話し

清水庁舎移転の意見応募状況を年齢で見ると、60才以上が5割近くを占め若い世代の意見が少ないように思えた。計画では新庁舎が清水駅東口公園で業務を開始するのは2023年。耐用年数は65年、少なくとも2088年まで使用し続けることになる。

週末や祝日閉庁の区役所を中心とした今回の計画に、まちづくりや賑わいの創出がどれほど期待できるだろうか。区役所に行かなくても、ほとんどの用事がスマホで済む時代もそう遠くないだろう。

同公園周辺は駅、海に近く富士山の眺望も良い。増加が見込まれる訪日観光客をも対象とした、周遊の起点、観光、商業施設等のエリアとして発展する可能性がある。隣接民有地にはサッカースタジアム建設を望む声も高まっている。

政府の地震調査委員会は、30年以内の南海トラフ巨大地震発生確率を70%程度から70~80%に引き上げた。防災拠点となる区役所や救護病院を津波浸水想定地域に移転させることへの不安や心配は年々高まっていくだろう。

清水の将来を担う、まだ生まれていない子や孫たちの世代にまで及ぶ話し。他人事では済まされないと思う。

BayPRESS 840号 /2018年03月24日発行

オッサンのファンクラブ入り 蒲原拠点に活動の「山作戰」

「ヤマサク春のセンまつり千人ライブ」にカミさんと二人で出かけた。山作戰、本名高山真徳、熊本出身、東京で21年間活動後、奥さんの故郷、蒲原を拠点に移す。「45歳のオッサンが、人生を捧げるコンサート!」。会場は満席。魂の叫びが、会場を一つにしていった。

音楽科出身のカミさんがしきりに褒めていた。体育会系にはうまく表現できないが、「人生を捧げる」って言葉の意味が確かに伝わって来た。

山作戰との出会いは異業種交流会。何とも不思議な空気を感じた。千人ライブは地方のミュージシャンにとって楽な事ではない。実現まで必死になって協力し続けたのは、世のオッサンたちが忘れかけた「挑む姿」に感銘した仲間や企業の経営者達だった。

「ファイト一発、オロナミンC」の声、「機動戦士ガンダム20周年記念アルバム」のコーラスを担当。桜えびの漁の風景を描いた「ゆいのうた」も好評。「防災フェスタinしみず」にはボランティア出演。仲間や地元への感謝の気持ちが伝わってくる。
 
還暦間近のオッサンは45歳のオッサンのファンクラブに入ることを決めた。

BayPRESS 839号 /2018年03月10日発行

光る木の手摺「ははのて」 清水シティホテルで見学会

東日本大震災から7年。津波避難ビルに指定されている清水シティホテル(JR清水駅前)で、光る木の手摺「ははのて」見学会が行われた。

ぬくもりある木製(タモ材)の手すりにLED照明が組み込まれ、人が通るとセンサーで点灯する仕組み。災害時には誘導灯として避難行動を助ける。ホテル内1階から7階、非常用外階段1階から6階に設置された。静岡市の津波避難ビルの整備補助金を活用。屋上には蓄電池のほか給湯タンクを設置。停電時でも電力や温水の供給も可能となった。災害は季節や時を選ばない。避難してきた人たちにとっては有難い配慮だ。

これまで地域の方々には本当にお世話になってきた。少しでも恩返しができれば」と話す村上信也社長。「ホテルだから24時間対応できる」とも。見学会は「ははのて」を開発した辻町の大日工業㈱が主催。施工にあたった興津の池田建設㈱、村松の篠田電機㈱ほか、市、商工会議所、県工業技術研究所、施工に携わった地元企業が完成を祝った。

優しく足もとを照らす「ははのて」の光に、心も温かくなるひと時だった。

BayPRESS 838号 /2018年02月24日発行

何のための意見公募か 庁舎移転は決定事項?

今月13日から来月14日まで、清水庁舎移転に関する市民からの意見募集が始まった。初日、田辺市長は清水駅で「多くの市民から意見を」と呼びかけた。
 
しかし、1月25日の記者会見では、清水庁舎を清水駅東口公園に移転する方針は「たとえ反対意見が多くても変更しない」と断言。市民との意見交換会も「実施しない」という。

また、建設検討委員会の「説明が拙速で足りない」との指摘には、自治会を通じて「配布しているパンフレットが一つの誠意だ」と語り、「市民の代表である検討委員会に理解してもらった」と話すが、10名の委員中市民公募は2名、しかも応募総数は5名だった。

公募委員の発言は中立的で高く評価できる。ただ、市長委嘱の委員会を「市民の代表」と位置づける神経が分からない。何のための意見公募か。そもそも市民に問うべきは「移転方針に対する意見」のはずだ。

意見は、住所・氏名を明記のうえ郵送のほかスマホ(市HP)等でも受付。